« DORA麻雀でのネッテラーを解説6 | トップページ | ドラ麻雀のnetellerは?(4) »

2014年4月14日 (月)

ドラ麻雀の遊び方は・・・Ⅴ

これ超難しい。





これは微妙だったなあ。


まあ・・・門前で気がしないですからね^_^;
どの道役満wwwww
黒沢義明はこの手は・・・聴牌取らず。

待ち牌がカンされることってたまにありますよね。


と思いつつ、やはりここは麻雀の世界!!

混全帯?九(チャンタ)

流石に良形聴牌への受け入れが多すぎですからねww
それを考えると勝負しても同じじゃね??
しかも跳満という大物手。

(本当にたまにありますけどね^^;)
どこまでそれに押すのか?って微妙ですよね。

けど、こういうのって瞬間に意味がなくなってしまうんですよね。

動画で見たいならDORA麻雀で降りていた時に九蓮宝燈上がった(笑)動画でもどうぞ↓
「鳴きなし」にしたままだったため

三人麻雀の場合

で、引いたらいいな~と思ってたら
南が出たら和了れそうですしね。
「もういいや降りよ」と思って、やっちゃうんですよね。

捨て牌見る限り索子よりピンズで待ちたいは待ちたいんですけどね。

だからリーチがしたい。



「いや、そこは否定しようよ!」と思いますが、、

完成の形には、この(ジャントウ)」も必要不可欠です。




負けたけど。
ってことを考えると、、いいって言えば良いんですが

降りるか?行くか??と言われたら・・・行ってしまう人間なので、


所謂鉄メンタルってやつですね。


DORA麻雀への登録



捨て牌を見る限り、、、対子場??なのかな??

ただ、三元牌の1種類が1枚しか無い時、





おすすめ記事




« DORA麻雀でのネッテラーを解説6 | トップページ | ドラ麻雀のnetellerは?(4) »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1922202/55769455

この記事へのトラックバック一覧です: ドラ麻雀の遊び方は・・・Ⅴ:

« DORA麻雀でのネッテラーを解説6 | トップページ | ドラ麻雀のnetellerは?(4) »

無料ブログはココログ